コンテンツ

最高等級の耐震性能

木+鉄で建てる、第三の工法

「テクノストラクチャー」とは、木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高強度オリジナル接合金具を使用し、さらに構造計算や耐震実験など、最先端の技術を導入した新工法です。「木か鉄か」という選択肢では得られない、木造と鉄骨造の両方のメリットを活かしたパナソニック独自の「第三の工法」です。

阪神大震災と同等の震度7の激震にも耐えうる高い耐震性

阪神大震災と同等の震度7の激震にも耐えうる高い耐震性

テクノストラクチャーで実際に建てた家を振動台にかける実験で、震度7でも構造体の損傷・変形はなく、5回の激震にも十分耐える構造強化があることが確認されました。

テクノストラクチャーの詳細はこちら

住宅にこそ、構造計算

通常の木造2階建てとの違い
住宅にこそ、構造計算

通常の木造2階建てでは、確認申請用には壁量計算と接合金属のチェックのみ行えばよい事となっています。しかしこれは、住まいの性能を建築士や施工者の知識と経験にゆだねたものであるため、それをやっていれば安心というものではありません。テクノストラクチャーでは「安心して長く暮らせる住まいを」というコンセプトのもと、より高度で多角的な構造計算を行っています。

お問い合わせ