コンテンツ

長期優良住宅

住宅の構造や設備が長く使用できる構造・仕様となっている住まい。「長期優良住宅」。

長期優良住宅

2009年6月4日より、長期優良住宅の認定がスタートし、国をあげて寿命の長い住宅の普及・支援がはじまっています。 

長期優良住宅は、これまでの主流だった「古くなったら建て替える」住まいのスタイルではなく、住宅の寿命を延ばすことで解体による環境負荷を減らし、数十年経っても資産価値を高めていく住まいのこと。新築時の住宅性能強化や居住後に計画的な点検・補修が求められる半面、減税額・期間の拡大や最大50年の長期ローンの整備などの優遇措置が導入されています。

テクノストラクチャーの住まいは、この長期優良住宅にも対応する高性能住宅。木と鉄の特性を活かした高耐久・耐震構造により、住み心地のよい住環境と資産価値を永く保ちます。

テクノストラクチャー長期優良住宅のイメージ

テクノストラクチャー長期優良住宅のイメージ
「構造躯体の耐久性」「変幻自在な住空間」「次世代省エネルギー基準対応の省エネ住宅」「高いメンテナンス性」「優れた耐震性能」「将来のバリアフリー改修に対応」「周囲の景観や街並みに調和した外観」
お問い合わせ